ケミカルピーリングについて

ケミカルピーリングは、にきびやくすみに効果的です。古い角質や毛穴に詰まった老廃物を溶かしてくれます。

ケミカルピーリングの特徴


▲ケミカルピール施術風景

ケミカルピーリングは、美肌の大敵、にきび、くすみ、しみ・色素沈着や毛穴の目立ちなどの症状に効果的で、皮膚表面に溜まった古い角質を取り除きます。すがすがしく明るい素肌がよみがえります。日本人の肌に適していて、マイルドな処方のケミカルピーリングはグリコール酸で余分な古い角質や、毛穴に詰まった老廃物を溶かし、炎症を起こしたにきびの治療、くすみやざらつきの症状に最適な治療法です。
ケミカルピーリング後のケアは十分に行うようにしましょう。術後は紫外線の影響を受けやすくなるので、日焼け止めを忘れずに塗る必要があります。肌の方も敏感になることがあるので、刺激が強いコスメはなるべく避けるようにしましょう。一般的に、肌のターンオーバーの周期に合わせて、7〜10日おきに6〜7回の治療が理想的であるといわれています。

症例のご紹介

■ケミカルピール


私は高須クリニックで事務をしているものです。
1週間おきに5回ほど施術しました。回数を重ねるほどにどんどんきれいになっていくのにビックリ。ニキビ跡や毛穴の開きまで滑らかになり、大満足しています。
  • よくある質問を見る
  • よくある質問を見る
Copyright(c)Neos All Right Reserved.