IPLフォトフェイシャルについて

IPLフォトフェイシャルは、以前のレーザー治療の欠点であった痛みやダメージへの心配がなくなりました。

IPLフォトフェイシャルの特徴


▲IPLフォトフェイシャル施術風景

IPLフォトフェイシャルでお肌を総合的にケアできます。
術後は紫外線に対して敏感になりやすくなるので、外出時は日焼け止めを塗ることが必要です。
数日後、皮膚の代謝でメラニン色素が浮き出ることにより、しみ・そばかすは自然に剥がれて落ちていきます。
また、レーザーは力が強いため1回の治療がほとんどですが、IPLフォトフェイシャルは弱い力で時間をかけて治療するので、回数を重ねることにより効果が体験しやすい傾向にあります。一般的に3週間に1度、5回以上が治療の目安となっています。


▲IPLフォトフェイシャルに使用する機器

IPLフォトフェイシャルのメカニズム

症例のご紹介

■IPLフォトフェイシャル 毛穴の開きの治療、しみそばかすの治療


清水弘己医師からのコメント
小さい頃から気になってソバカスが、年とともにますます目立ってきていたタイプです。大きなしみをピンポイントで狙う場合はレーザー治療が適していますが、広範囲に点在するそばかすにはフォトフェイシャルが有効。1〜2回の施術で表面のそばかすはきれいにできますが、肌の奥に潜んでいる色素にまで効かせるには、数回繰り返すのがおススメです。
■IPLフォトフェイシャル シミ・そばかすの治療


服部良光医師からのコメント
頬のそばかすが気になっていた女性。フォトフェイシャルで、3回程度の治療をしたところ、目立っていたそばかすがかなり薄くなりました。フォトフェイシャルはコラーゲンの生成を活性化するため、肌に透明感とハリも、もたらします。
フォトフェイシャルは光を照射するだけの、しみ、くすみ、そばかす、ニキビ、赤ら顔などの肌悩みをケアできる治療法です。気になっているのなら、ぜひ一度、カウンセリングを受けてみてください。

症例写真

■IPLフォトフェイシャル シミ・くすみの治療
ビフォーアフター
■IPLフォトフェイシャル そばかす・くすみの治療
ビフォーアフター
■IPLフォトフェイシャル 赤ら顔の治療
ビフォーアフター
  • よくある質問を見る
  • よくある質問を見る
Copyright(c)Neos All Right Reserved.