毛穴の黒ずみについて

毛穴の黒ずみは、角質と皮脂が毛穴に詰まることが原因で発生し、この黒ずみは老廃物である角質や皮脂が交じり合い詰まったもので「角栓」といわれています。
この角栓をそのまま放置しておくと、汚れたほこりなどが空気と反応し、酸化することで問題の「毛穴の黒ずみ」となるのです。毛穴周辺はメラニン色素が多いため、紫外線の影響を最も受けやすい場所です。また具体的な部位を挙げるとすれば、鼻部分は皮脂の働きが盛んなため、角栓がとてもできやすい場所といえます。
紫外線を普段から多く浴びることで、黒ずみはより一層目立つようになります。よって、普段からの肌に対する紫外線対策も重要であるといえます。また毛穴に黒ずみがない場合でも毛穴が開くことでその部分が影となり、黒ずんで見えることがあります。この他には、皮膚の老化によってコラーゲンが減少し、その結果として、毛穴が黒ずむといったこともあります。タバコは肌老化を早めるひとつの原因です。
そのことも頭に入れておきましょう。

Copyright(c)Neos All Right Reserved.